« TungstenT3の記号モードに今頃気が付く | トップページ | バックアップ用にHDPX-SU80購入 »

2005.10.07

バルバラ異界 (4)

遂に最終巻。

キリヤの絶望と時夫の悲願が痛々しい。
最終エピソード、夢と現実、現実と過去、過去と夢が混乱し二重写しになり…めまいがしてくらくらして。
うあ~P.K.ディックをマンガにするとこんな感じなんだろうか。

それにしてもライカの両親失踪エピソードが最後にまた出てくるとは予想もしませんでしただよ。

間違っても新幹線ホームで待ってる間に読み始めてはいけない本でした(--;)(←反省)


|

« TungstenT3の記号モードに今頃気が付く | トップページ | バックアップ用にHDPX-SU80購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10210/6287697

この記事へのトラックバック一覧です: バルバラ異界 (4):

» 泣く男  バルバラ異界その2(少しネタばれあります) [ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――]
jesterにとって、泣く男ベストテン(そんなもん、あるのか?)のトップは映画 トーク・トゥ・ハー の Dario Grandinetti (↑このひと)なんです。 あの、プールサイドで カエターノ・ヴェローゾ のやさしい「ククルクク〜〜 パロ〜マ♪」という歌声を聴いて、大粒の涙をぽろぽろこぼす名シーン。 毛が薄い中年なのに、めちゃくちゃ色っぽいデス。 全巻そろった ... [続きを読む]

受信: 2005.10.13 10:33

« TungstenT3の記号モードに今頃気が付く | トップページ | バックアップ用にHDPX-SU80購入 »