« 裏でネットギアス 2007年8月15日配信 | トップページ | 結局アニメディア9月号もNewtype9月号も買ってしまう日々 »

2007.08.18

stage24/stage25、ナレーション&続編予告メモ

個人的備忘録。今配信してたんで抜き書き。

ゆかなさんの冒頭/エンディングのナレーションから。

皇歴2010年8月10日 日本は神聖ブリタニア帝国の前に敗れ去った。植民地「エリア11」となった日本は、自由と伝統、権利と誇り、そして名前を奪われた。イレブン、その数字が、新しい日本人を示す名前であった。

それから7年後、ブリタニアの棄てられた皇子ルルーシュは、エリア11で謎の少女C.C.と出会い、特殊な力を手に入れる。ギアス、いかなる相手にも命令を下せる絶対遵守の力。ルルーシュはギアスを頼りに、母国である神聖ブリタニア帝国の破壊を決意する。全ては、幼き日に、何者かによって殺された母の敵を討つために、そして妹ナナリーが幸せに過ごせる世界と作るために。その先に待つのが実の父、ブリタニア皇帝であることを知りつつも、ルルーシュは破壊と創造の名を身に纏う。

その名はゼロ。帝国臣民の敵となったゼロは、黒の騎士団を結成し、人々を、世界を相手に抗い続ける。身近な人々が巻き込まれようとも、多くの破壊を伴おうとも、立ち止まることは許されない。例え実の兄妹を、そして友情を犠牲にしても、孤独の道が待っていようとも、この行動こそが、ルルーシュとしての存在の証しなのだから。


人は、人間は、幸せを求める存在である。

ブリタニアの少年、ルルーシュが望んだことも、小さな幸せに過ぎなかった。特別なことではない。少なくとも、行動の根源には、人として、ごく当たり前の、とてもささやかな願いしか無かった。そんな夢を、そんな誓いを誰が否定できるのか。誰にそんな資格があるというのか。だがしかし、人は、誰しもが否応なく他者と、世界と関わることによって自らを規定され、定められてしまう。ならば、個人の思惑など、世界の意志を前にしては、どうしようもなく流されてしまう儚い存在でしかない。罪と罰、運命と裁き、ルルーシュの前に立ちはだかったのは自らの生み出した過去であり、人が人であるが故の憎しみか。

それでも今は、感謝すべきであろう。そう、少なくとも、人が幸せを求める存在であることに。一縷の望みは、仄かなる願いは、絶望からこそ、生まれいずる。

続編予告の時の字幕集

  • ゼロ… バカな男だ。
  • 逆らっても、抗っても、どうせ世界は変わらないのに
  • おしえてやろう。大人の世界ではな 正しいことに価値はないんだよ
  • 何かある…俺の知らないところで何かが起こっている
  • 力のない人間は、我慢しなくちゃいけないの? たとえ正義がこちらにあっても
  • や め ろ 生 き て る !
  • 無力が悪だというのなら 力は正義なのか?!
  • 間違っていたのは俺じゃない 世界の方だ

|

« 裏でネットギアス 2007年8月15日配信 | トップページ | 結局アニメディア9月号もNewtype9月号も買ってしまう日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10210/16159951

この記事へのトラックバック一覧です: stage24/stage25、ナレーション&続編予告メモ:

« 裏でネットギアス 2007年8月15日配信 | トップページ | 結局アニメディア9月号もNewtype9月号も買ってしまう日々 »