« 残り物には福がある | トップページ | うひょひょひょひょ »

2009.04.27

キャシャーン Sins 第13話 「過去は目の前に満ちる」 / 第14話 「真実は闇を照らし」

第13話のアバンタイトルは血、花、「キャシャーンは悪くない」と叫ぶリンゴ。
キャシャーン/レダ/ディオの過去がブライキングボスによって語られる回。
・3人はブライキングボスの命でオージの手によって生殖可能であるように作られた筈だったが失敗作。
・キャシャーンにルナ殺害を命じたのはブライキングボス
・ルナとの接触によりキャシャーンが不死身化したらしい
記憶を取り戻して自らの胸を刺すキャシャーンがたまらん。ここからアバンタイトルにつながるのだな。

第14話はキャシャーンとディオが対決。
レダがディオ軍団を頼まれもしないのに作ったのかぁと。
自分を殺したらもうそれ以上破壊しないんだったら殺されてイイ、っていうキャシャーンがまた。
そりゃディオも切れますがな。
最後に出てきたルナがどうみても悪そうなのがまた……

|

« 残り物には福がある | トップページ | うひょひょひょひょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10210/44817104

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーン Sins 第13話 「過去は目の前に満ちる」 / 第14話 「真実は闇を照らし」:

« 残り物には福がある | トップページ | うひょひょひょひょ »