« ばっけみそ納豆が美味すぎる | トップページ | 全力でスザク誕生日をコンビニ飯で祝ってみる »

2009.07.10

キャシャーンSins 第24話「巡り咲く花へ」

ん~前半の平和な風景がたまらんなぁ。

つまり。
旧人格のキャシャーンとルナの接触により、一方的に人もロボットも「滅び」へ向かうようになってしまい
新人格のルナの力は「滅び」を止めて「永遠の命」を授けるものであると。
しかしそうすると死を忘れて命も忘れてしまうから、
そうなるとキャシャーンが死神として現れるぞと。

リンゴというのは一直線に滅びへ向かう存在でも、ただ永遠の命を過ごす存在でもなく、
「時期が来れば死ぬ」最初の生命であると。

ずーっとキャシャーンが「お前みたいに不死の奴に滅びに向かう俺らの気持ちが解るかっ!!」と罵倒されて、なんか意図せず戦いまくってしまった訳ですが、ようやく彼も自分の存在意義が見出せたようで良かったというか。

いやしかし不思議な話であったなぁ。
人間とロボットの違いが最後まで良く解らなかった……

|

« ばっけみそ納豆が美味すぎる | トップページ | 全力でスザク誕生日をコンビニ飯で祝ってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10210/45587209

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーンSins 第24話「巡り咲く花へ」:

« ばっけみそ納豆が美味すぎる | トップページ | 全力でスザク誕生日をコンビニ飯で祝ってみる »